Interop Tokyo 2019へのご来場、ありがとうございました

InteropのZabbixブース

InteropのZabbixブースに出展しました

6月12日(水)から14日(金)まで、Interop Tokyo 2019(以下、Interop)が幕張メッセで開催されました。国内最大級のネットワーク関連イベントは、3日間で155,801人の来場者を迎え、好評のうちに終了しました。

Interop Tokyo 2019

Zabbix認定パートナーであるIIJも、昨年に続いてZabbixブースの一角に、UOMを出展しました。

スタッフにお声掛けいただいて、かなり具体的なご質問をされる方も多くいらっしゃいました。また、4回のショートセミナーでは、UOMの概要をコンパクトにご紹介。足を止めて聞いていただいたり、その後ブースに立ち寄って、熱心にデモをご覧になる方もいて、例年にない手応えを感じました。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

Interop Tokyo 2019(幕張メッセ)

サーバや自動化、セキュリティなどのサービス各社が多数出展

連日、多数の来場者を迎えたZabbixブース

IIJコーナーで、UOMを出展

熱心にご質問いただきました

Interopが終わっても「UOM for Zabbix」はお気軽にお試しいただけます。この機会をぜひお見逃しなく!

<PR>Zabbixでシステム監視し、アラートやフィルタリングで自動処理すれば、システム運用全体が効率化できます!SaaS型のIIJの「UOM for Zabbix」なら、少ない人数で忙しい現場でもカンタン導入!詳しくはこちら

関連記事

∞∞∞∞∞∞∞ おすすめ記事 ∞∞∞∞∞∞

  1. SREって大規模な組織の話?開発と運用をチームにするメリットとは?

    システム運用に関する話題の中でもたびたび目にする機会が増えてきた「SRE」。これは、「サイトリライア…
  2. カギは経営層の漠然とした不安…クラウド導入をどう説得する?

    経営層—特にオンプレミスしか経験していない人の中には、クラウドサービスに対して漠然とした不安や先入観…
  3. 学びもハックのひとつだ!業務のスキマで少しでも英語力をアップしよう!

    学びもハックのひとつだ!業務のスキマで少しでも英語力をアップしよう!

    業界外の人たちからなかなか理解されない、「毎日、カタカナの専門用語を使っている、英語が苦手なITエン…
  4. メールを誤送信してしまった!事前にできる対策は何がある?

    新型コロナウイルスの影響で職場環境が変わり、チャットやメッセンジャーを使う機会が増えた人もいるかもし…
  5. 開発・検証・本番環境を分断せずスリーランドスケープを活かす

    一般的に日本のシステム開発では、「スリーランドスケープ」と呼ばれる考え方が普及しています。これは、3…
ページ上部へ戻る