タグ:UOM

    チケット管理とレポート生成で全体を把握:記録

    この連載ストーリーの背景 佐藤 一郎(42) アリガチシステムズの情報システム部門チームリーダー。コロナ禍2年目の体制をどう再整備して、チームだけでなく会社のビジネスに貢献…

    状況に応じて自動オペレーションや手順書対応:一次対応

    この連載ストーリーの背景 佐藤 一郎(42) アリガチシステムズの情報システム部門チームリーダー。コロナ禍2年目の体制をどう再整備して、チームだけでなく会社のビジネスに貢献していくかが、今の課題。 …

    メールやSNS、自動電話で受信できる強み:通知

    この連載ストーリーの背景 佐藤 一郎(42) アリガチシステムズの情報システム部門チームリーダー。コロナ禍2年目の体制をどう再整備して、チームだけでなく会社のビジネスに貢献していくかが、今の課題。 …

    本当に必要なメールだけ賢くフィルタリング:抽出

    この連載ストーリーの背景 佐藤 一郎(42) アリガチシステムズの情報システム部門チームリーダー。コロナ禍2年目の体制をどう再整備して、チームだけでなく会社のビジネスに貢献していくかが、今の課題。 …

    複雑で多様なシステムも全部一括チェック:監視

    この連載ストーリーの背景 佐藤 一郎(42) アリガチシステムズの情報システム部門チームリーダー。コロナ禍2年目の体制をどう再整備して、チームだけでなく会社のビジネスに貢献していくかが…

    とある情報システム部門が抱える課題:UOMというソリューション

    この連載では、架空の組織(株)アリガチシステムズの情報システム部門を舞台に、システム運用の現場が抱えるさまざまな問題解決へのヒントを描いていきます。チームマネージャの佐藤さんは、悩ましい課題をいくつも抱えていました。年…

    IIJ統合運用管理サービス「UOM」の特徴とメリット

    ビジネスのやり方を含む社会全体が大きく変化せざるを得ない今、多様性もスピードも増す一方です。しかも、ITシステムを強力に支えるシステム運用の現場では、人材の確保や育成は厳しい状況が続きます。人や予算、インフラなど、今のリ…

    失敗や不十分な対策も次のヒントに – 情シス現場のホンネ2

    今回も引き続き、IIJが昨年秋に実施した、情報システム部門のエンジニアへのアンケートからご紹介します。 出典:株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)『2020年 情シス頑張ったことアンケート 集計レポート』20…

    この一年でエンジニアが奮闘したコト – 情シス現場のホンネ1

    このサイト「運用ナビ」は、駆け出しのエンジニアから、中堅のマネージャクラス、経営者の皆さんまで、システム運用に関する幅広い情報をお届けしてきました。『システム運用の、どのようなところにコストが発生するのか?』『なぜ、属人…
  • 増えるクラウドの管理方法:もう一度システム運用を考える(4)

    システム運用エンジニアが管理しなければならない環境は、クラウドやコンテナ、仮想化などで複雑化・多様化する一方です。さらに、今年の初頭からのテレワーク(リモートワーク)の急速な拡がりに従って、利用する範囲を広げたり、導入に…

∞∞∞∞∞∞∞ おすすめ記事 ∞∞∞∞∞∞

  1. 【Special】監視を入口にした新たな付加価値の提供 ― Zabbix Japan LLC 寺島さま インタビュー(3)

    Zabbixは、システム監視の強力かつ柔軟なソリューションであることは間違いありません。しかし、監視…
  2. 現場が疲弊する3つの脅威:もう一度システム運用を考える(1)

    新型コロナウイルスと共に人類が共存していく社会として、新しい日常「ニューノーマル」への適応が世界的に…
  3. 必要に迫られてやってみたテレワーク!見えた課題と対策

    新型コロナウイルスへの対応で、多くの組織が見切り発車でも切り替えざるを得なかったテレワーク。なかなか…
  4. アウトソーシングの目的は「人減らし」じゃない!:現場のプロに聞いてみた(11)

    イレギュラーが起きてもシステムを止めない!サポートの覚悟:現場のプロに聞いてみた(9)

    あけましておめでとうございます。 本年も「運用ナビ」をどうぞよろしくお願いいたします。この一年が、…
  5. 仮想化サーバの運用(2)- デメリットや制限、導入前の注意点とは?

    前回の記事のように、仮想化にはさまざまなメリットがあり、システム運用の現場で抱える課題の解決につなが…
ページ上部へ戻る