複雑で多様なシステムも全部一括チェック:監視

この連載ストーリーの背景

佐藤 一郎(42)

アリガチシステムズの情報システム部門チームリーダー。コロナ禍2年目の体制をどう再整備して、チームだけでなく会社のビジネスに貢献していくかが、今の課題。



鈴木 武士(31)

同部門所属のシステム運用エンジニア。転職入社したての中堅で、前職ではエンタープライズ系の経験もある。チームと自分の価値をより高めるには?



(株)アリガチシステムズ
従業員300人の中堅企業。情報システム部門はわずか5人だが、これまでは限られた人材だけで何とか運用管理してきた。しかし、問題はこの先どうするか…。

前回のやり取り

とある情報システム部門が抱える課題:UOMというソリューション
https://un4navi.com/uom/21144/

マルチクラウドの監視にも使えるUOMとは?

—チーム全体のビデオ会議が一旦終わった後で

 

UOMというサービスが、システム運用や保守に役立つ、統合的なソリューションだということはわかったよ。「パック」ごとの機能や価格の違いについても理解できた。もう少し、具体的な機能についていろいろ突っ込んで聞いてもいいかな?

 
 

はい、じゃあちょっとこのUOMの資料を共有して、と。
まずはUOMの「監視」機能から説明しましょう。うちの場合、異なるシステムの種類だけ、別々の監視方法があるってことですよね?

 
 

そうなんだよ、システムごとに監視の方法や設定は違うから、実はそこがネックで。複数のシステムを運用していれば、それぞれから監視結果のメールが24時間365日届く。でも、現場のエンジニアが不眠不休でそれらを処理するなんて、とても無理だよ。

 
 

そうなりますよね。別々のシステムや機器ごとに担当者を割り振っても、限られた人数では掛け持ちせざるを得ませんし、これからもシステムは増えます。つまり、そもそも人力では管理できないんです。

 
 

そういわれるとぐうの音も出ない…(涙)。

 
 

UOMを導入してシステムを一元管理できれば、監視もまとめられるので、その後の処理のフローも整理できますし、無駄なアラートメールも減らせます。

 
 

どれどれ…一元管理できるということは、このUOMだけでクラウドや機器、ネットワークもまとめて監視できるってことか。

 
 

はい。AWSやAzureなどのクラウドと、オンプレミス環境が混在していても、UOMでワンストップの監視が可能です。

 
 

監視ツールとして人気のPATROLCLARICEが使われていたり、このマネージドモニタリング for Zabbixというのも、なかなかよさそうだ。

 
 

ですね。それらは標準でUOMと連携済みですから、設定が簡単です。

 
 

システムごとに監視メールを受け取って、面倒な管理に追われる雑務から解放されるのはいいな! UOMで効率的な監視が実現できれば、うちの駆け出しエンジニアにだって、すぐに使えるようになるかな…?

 
 

急に、そんなにプレッシャー掛けないでくださいよ(笑)。とにかく、UOMの機能を試せるトライアルがあるので、まずは私が環境を構築して、実際に触りながら詳しくチェックしてみますから。

 

UOMの監視機能を使用するメリット

UOMの「監視」機能を使えば、以下のようなことが実現できます。複数の各種クラウドが混在していたり、新旧でシステムが異なるオンプレミスの環境でも、UOM一箇所でまとめて監視できます。

  • 監視サービスから発生したアラートを、メールやAPI経由で取り込める。監視システムごとのバラバラなアラートもUOMに統一可能。
  • 監視したいクラウドサービスやオンプレミスのサーバ、接続機器を一元管理。IIJの多彩なネットワーク接続が利用できる柔軟性。
  • PATROLCLARICE(パトロールクラリス)やマネージドモニタリング for Zabbixなど、標準でUOMと連携済みの監視機能を使えば設定が簡単。

既存監視システム、AWS・Azureとの連携

自社環境に合わせて、自由に設定して使いたい!選べるUOMの柔軟なパック

  • 「ベーシックパック」「アドバンストパック」「エンタープライズパック」などから自由にお選びいただけます。
  •  監視や自動オペレーション、レポート生成、ジョブ管理機能など、機能と数量に合わせて選択可能です。
  • 一部の機能はオプションで追加したり、台数やポイント数によるカウントで、費用体系も柔軟です。

詳細:https://www.iij.ad.jp/biz/uom/plan.html

<PR>
「IIJ統合運用管理サービス(UOM)」は、御社の環境で実際にお試しいただける無料トライアルをご用意しています。お申し込みいただければ、すぐにお試しいただくことが可能です。
UOMの特徴的な機能を60日間、現場のシステム運用エンジニアの皆さんに、タップリご検討いただけます。ぜひ、今すぐ無料トライアルにお申し込みください。
特徴的な機能を試せる60日間! 簡単な初期設定済みでいきなり使える! 無料トライアルは今すぐ! IIJ統合運用管理サービスUOM
・フォームが表示されるので、ご記入の上、お申し込みください。後日、IIJ担当者からご連絡差し上げます。
・無料トライアルにお申し込みいただけるのは、法人のみです。個人は対象外ですので、ご了承ください。

初期設定もお任せで、すぐに使いたい!
そんなニーズには、UOM「シンプルパック」

  • 長年の豊富な運用実績を持つIIJが、システム運用のノウハウをテンプレート化。個別運用設計が不要です。
  • システム運用の初動を自動オペレーションで実行します。自動電話により、夜間休日でもお客様に通知します。
  • 監視・運用の初期設定をIIJで代行します。運用開始後は、コントロールパネルから設定を変更できます。
    「シンプルパック」の詳細およびお申し込みは今すぐ!

関連記事

∞∞∞∞∞∞∞ おすすめ記事 ∞∞∞∞∞∞

  1. システム運用だって設計が必須!設計の視点が運用担当者を救う!

    システム運用だって設計が必須!設計の視点が運用担当者を救う!

    入念に設計し、テストを繰り返して開発したITシステムでも、程度の差こそあれ、将来トラブルが起きること…
  2. RPAに絶望した人へのソリューション提案:(株)コムスクエア様インタビュー

    RPAに絶望した人へのソリューション提案:(株)コムスクエア様インタビュー

    左からIIJの福原と五十島、(株)コムスクエアの田嶋さんと露木さん 株式会社コムスクエア 執行役…
  3. システム運用のコスト削減(1)- コストが掛かる理由はコレ

    開発と違い、組織にとっての利益を生み出さず、費用を使うだけの「コストセンター」だと誤解されるシステム…
  4. 職人技だからこそアウトソース可能!:現場のプロが語ってみる(5)

    IIJの福原です。前回の記事では、システム運用業務がなかなか評価されないという、半ば愚痴っぽいトーン…
  5. 失敗や不十分な対策も次のヒントに – 情シス現場のホンネ2

    今回も引き続き、IIJが昨年秋に実施した、情報システム部門のエンジニアへのアンケートからご紹介します…
ページ上部へ戻る