もっと知ろう!システム運用に関わるエンジニアの役割の違い(2)

システム運用には、さまざまなエンジニアが関わっています。大まかでも、それぞれの業務内容を把握しておくと、チーム内の相互理解はもちろん、自分が目指すべき将来のキャリアパスにもプラスになるはずです。
前回の記事では、ITサービスマネージャ(運用管理者)とアプリケーションエンジニア、Webエンジニア、データベースエンジニアまでをご紹介しました。システム運用業務に関わるエンジニアはまだまだいます。続けてご紹介します。

もっと知ろう!システム運用に関わるエンジニアの役割の違い(1)
https://un4navi.com/prologue/19035/

サーバエンジニア:コレなくしては始まらない

サーバの設計・構築・運用・保守のプロフェッショナル。データベースエンジニア同様に、サーバの設計・構築と、運用・保守の大きく2つに大別されます。サーバ機器の設計・構築では、提供するサービスの目的や内容に合わせて、容量や速度、ネットワーク回線の配線、通信速度などを考慮し、OSやサーバアプリをインストール・設定します。運用・保守では、必要に応じてサーバを修正したり、障害が起きたら復旧作業なども処理します。アクセススピードの向上やセキュリティの強化、追加やリプレース、スケーリングなど、さまざまな作業に携わります。
次に説明するネットワークエンジニアが、コンピュータ同士をつなぐネットワーク回線の業務を担うのと比較して、サーバエンジニアはサーバの構築や設定などを担うため、データセンターでサーバラックに機器を設置したり、物理的な作業が多い職種です。

  • 各種サーバの設計・構築
    • Webサーバ、メールサーバ、アプリケーションサーバ、データベースサーバ、ファイルサーバなど
  • サーバソフトウェアの設定
  •  各種サーバの運用・保守
  • サーバのアップグレード、スケーリング(拡張・縮小)
  • 仮想化への対応 など

ネットワークエンジニア:つなぐことがミッション

コンピュータネットワークのインフラを構築・保守・管理する技術者で、システムの特性を生かしたネットワーク環境を作り上げる役割を担います。回線やルータ、ファイアウォール、DNS、スイッチなど、あらゆるネットワークの、設計から要件定義、構築、保守・監視、運用など、その業務は多岐に渡ります。ネットワークに関する知識以外にも、Webサーバやアプリケーションサーバ、クラウドに関する知識も必須です。
ネットワークエンジニアの仕事は、個々のコンピュータをつなぐネットワークシステムの構築・運用です。これに対して、SEの仕事は、個別のコンピュータ上で動くシステムの設計・開発・テスト。また、前述のサーバエンジニアの仕事は、サーバの構築・運用・点検という違いがあります。

  • ネットワークの設計
  • 機器や回線の選定、コスト試算、スケジュール管理
  • ネットワークの構築、運用テスト
  • 機器の設定や構成変更
  • 障害の監視
  • 故障やトラブル対応、原因究明
  • 機器の交換 など

セキュリティエンジニア:システムの守護神

さまざまなセキュリティへの脅威からシステムを守り、安定運用する業務です。ITシステムが社会で広く使われるようになり、その重要性はさらに増しています。セキュリティエンジニアが担当するシステム設計とは、要件定義に沿った、アプリケーションやネットワーク、運用までを貫くセキュリティのことなので、広範囲な知識が不可欠です。
近年では、設計・開発の段階からシステム運用のことを考慮するDevOpsと同様に、設計・開発の視点でセキュリティ面を考慮しておく、セキュアコーディングやセキュアプログラミング、セキュリティアーキテクチャと呼ばれる概念もあります。

  • セキュリティシステムの設計
    • ネットワーク機器やサーバ機器の設定、各種OSの設定、アプリケーションや運用設計との連携
  • 最新のセキュリティ情報収集
  • 脆弱性診断、対策
  • 事故対応
  • 不正侵入の調査 など
  • 情報セキュリティ監査への対応 など

ミドルウェアエンジニア:すべての業務は仲介

OSとソフトウェアを仲介するミドルウェアの分野で、Webサービスを支えるエンジニアです。クラウドサービスやスマートフォンアプリの普及などで、ミドルウェアの需要は年々増しています。OSや各ソフトウェア、ネットワーク、データベースなど、特に幅広い知識が必要となる重要な業務です。

  • ミドルウェアシステムの開発
  • ミドルウェアデータベースやWebサーバ、アプリケーションサーバの管理 など

エンジニアに必要なスキルやマインドとは

どの職種にも必要なのは、エンジニアとして、業務全体を効率化するフレームワークを意識し、最新技術に常に関心を持ってチャレンジするマインドです。さらに、技術面だけでなく、論理的な思考能力や柔軟なコミュニケーション能力も不可欠。社内外の管理者を相手に折衝したり、ITシステムに必ずしも詳しくない経営者に丁寧に説明して、理解を引き出す姿勢も同じぐらい重要です。
また、どの職種でも、設計・開発だけでなく、システム運用・保守にまで関わることが、プロジェクト全体の能力やスピードを強化することに深く関係します。つまり、システム運用は、職種の違いに関係なく必要不可欠な、業務上の重要な役割なのです。
エンジニアの紹介は、さらに次の記事へと続きます。

もっと知ろう!システム運用に関わるエンジニアの役割の違い(3)
https://un4navi.com/prologue/19037/

関連記事

∞∞∞∞∞∞∞ おすすめ記事 ∞∞∞∞∞∞

  1. ITILの中心的プロセス、構成管理って?ITILの基本(2)

    ITILの中心的プロセス、構成管理って?ITILの基本(2)

    ITILに関する前回のエントリーでは、サービス運用や管理の事例集としての概要に触れました。今回は、I…
  2. 正解がない運用設計という「思想」:現場のプロが語ってみる(2)

    IIJの福原です。まずは運用設計の概要だけでもお分かりいただけたでしょうか? 【前回記事】運用設計…
  3. 過酷に思われがちな「ひとり情シス」による運用は、本当に不幸なのか?

    近年の業界ワードの一つが「ひとり情シス」。1人(または2~3人程度の少人数)で、システム運用を始めと…
  4. コレって我が社だけ!?システム「運用」と「保守」ってどう違う?

    現代のビジネスで欠かせないITシステム。システム「運用」や「保守」は、企業の安定した組織運営の重要な…
  5. SREって大規模な組織の話?開発と運用をチームにするメリットとは?

    システム運用に関する話題の中でもたびたび目にする機会が増えてきた「SRE」。これは、「サイトリライア…
ページ上部へ戻る