2020年の夏は5Gで回線が逼迫?:現場のプロに聞いてみた(8)

増大し複雑化する日本のトラフィック:現場のプロに聞いてみた(7)

SD-WANから始まった、ネットワークの現場を知るSさんの興味深いお話。今の日本のネットワークは高品質・低価格で安定しているとはいえ、やはりネットワーク絡みでやはり気になるのは、開催が来年に迫った世界的ビッグイベントです。

増大し複雑化する日本のトラフィック:現場のプロに聞いてみた(7)
https://un4navi.com/interview/19069/

2020は、ネットワーク業界にとっても節目?

―変化でいうと、来年の東京五輪は、やはり業界にとっても大きな転機になるんですかね?

S んー、どうなんでしょうねぇ。確かに、4K/8Kの動画配信や、VR/ARなどのリッチコンテンツが一気に日本国内で作られるので、海外からのアクセスが膨大に増えることは間違いないです。これは通常の、海外のサーバに置かれたコンテンツが人気を集める状況とは逆方向ですね。報道関係者やインバウンドの観光客が来ることで、日本から海外への通信は増えるでしょう。
また、期間中は、首都圏の通勤も大変ですし、物流も全国的に影響を受けるので、普段とは違う拠点で働く人は確実に増えると思います。Web会議や音声会議、仮想デスクトップなんかも、今まで使っていなかった会社にまで広がるでしょうね。VPNとかセキュリティもますます重要になるはずです。

―5Gネットワークが普及すると、いろいろなことが大きく変わりそうです。

S まず、企業にとっては、安定したネットワークで5Gが普及すると、LAN/WANの必要性が減ります。日本国内の企業なら、ほぼ全キャリアの5G回線を持っていればまず安心でしょう。ローカル通信をせず、クラウドでアプリケーションが使えればOKなので、必要なのは、せいぜい手元に置いておくプリンタぐらい。

―そこまでして、紙にこだわるのもどうかとも思いますが…(笑)

S そうですね。また、システムそのものが、オンプレミスではなくクラウドになっていきます。例えば、Office 365用のセッション数が莫大に増え、普通のゲートウェイ環境に耐えられずに業務が止まってしまっていたのが、5Gやリモートワークが普及することで、今度はWANという存在が邪魔になるわけです。LAN/WANの運用が不要になってシンプルになることで、障害に対しても強くなるでしょう。

―オリンピック憲章では、競技は選手間の競争であって、国家間の競争ではないと定められています。それとは別の、通信の国際間競争もありそうですね。

S もちろん。世界で最もネットワークが進んでいる国の一部の地域では、すでに5Gが始まっています。日本でも、対応デバイスが普及し始めるのと同時に、来年がきっかけになって都心部から徐々に広がっていくでしょう。
ただ、通信ってオープンじゃなくて、国防の一つですから。10連休明けの今年5月、アメリカ政府からファーウェイ(華為技術)が制裁を受けて大きなニュースになりましたよね。元NSA(アメリカ国家安全保障局)職員だったエドワード・スノーデン氏が、NSAの個人情報収集の手口を告発して国際問題になった事件は、今も続いています。

―利便性vsプライバシーやセキュリティという、永遠の課題ですね。

S はい。個人のデータがどんどんクラウドに吸い上げられている中、通信ネットワークは、常に、国と国との利権や企業間のビジネスに深く関係しています。日本も、サイバーセキュリティの重要性が認識されたり、EUのデータ保護政策であるGDPRの日本版の整備に向けた動きが出ていますが、まだまだ遅れています。
通信は国防の一つである一方、インターネットの理念はオープンです。国や企業、教育研究機関などが連携し、この相反する課題のバランスを上手く取っていくことが、発展の鍵になるでしょう。

総務省|平成30年版 情報通信白書|パーソナルデータの国際流通
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd112210.html

 

SD-WANにネットワーク屋がモヤるワケ:現場のプロに聞いてみた(6)―全体のお話を伺うと、システム運用がますます難しくなっていきそうです。

S 残念ながら、そうなっていくでしょうね。
ユーザから『サービスが使えない!』という報告が来た時に、いろんな接続環境がある中で、何が問題なのかがさらにわかりにくくなっていますから。会社でその日、自分が使う机の場所を好きに選べる、フリーアドレスにしてもそうです。今までだと、机の場所がわかれば、デスクトップPCやローゼット、スイッチなど、詳細がすぐわかりました。今は、チームでチャットツールを通じて会話したり、ビデオ会議していても、その人がどこにいるかわかりません。
人の管理はどんどん難しくなっているので、応急処置や原因究明のために『あなたは、今、どこにいるんですか?』から始めなければなりません。情シスの人たちは、本当に大変だと思いますよ。

 

一人のビジネスマンや、いち国民としては、ネットワークの安定やさらなる高速化はありがたく、大きな可能性に期待したいところです。同時に、システム運用担当者にとっては、緊張感あるお話しも伺うことができました。ネットワークの現場を走り続ける人たちには、瞬発力とスタミナ、正しい最新情報に基づいた冷静な判断など、総合力が必須のようです。

SD-WANにネットワーク屋がモヤるワケ:現場のプロに聞いてみた(6)
https://un4navi.com/interview/19068/

増大し複雑化する日本のトラフィック:現場のプロに聞いてみた(7)
https://un4navi.com/interview/19069/

関連記事

ピックアップ記事

  1. アジャイル開発のメリットとは?システム運用にどう関係する?

    アジャイル開発のメリットとは?システム運用にどう関係する?

    ITシステムの開発スタイル(モデル)は、業界ごとに異なるだけでなく、時代のニーズでも変化し続けていま…
  2. 学びもハックのひとつだ!業務のスキマで少しでも英語力をアップしよう!

    学びもハックのひとつだ!業務のスキマで少しでも英語力をアップしよう!

    業界外の人たちからなかなか理解されない、「毎日、カタカナの専門用語を使っている、英語が苦手なITエン…
  3. マルチクラウド時代のSaas、PaaS、IaaSを改めて復習しよう

    システム運用でも、もはや抜きでは語れないのがクラウドサービス。ひとまとめに「クラウド」といっても、大…
  4. SREって大規模な組織の話?開発と運用をチームにするメリットとは?

    システム運用に関する話題の中でもたびたび目にする機会が増えてきた「SRE」。これは、「サイトリライア…
  5. 災害も障害も忘れた頃にやってくる!平時に考えたい事業継続計画

    「事業継続計画(BCP - Business Continuity Plan)」とは、地震や豪雨など…
ページ上部へ戻る