こたつで温まりながら振り返る:キーワードで振り返るシステム運用の現状とは?

こたつで温まりながら振り返る:キーワードで振り返るシステム運用の現状とは?

システム運用の水先案内を目的として、今年の初夏にスタートした「運用ナビ」ですが、おかげさまで、多くの皆さまにご愛読いただいてきました。
年末年始のタイミングで、これまでの記事を振り返ってみます。結局のところ、エンジニアはどんな問題に直面しているのか?システム運用の担当者になった人は、何で苦労しているのか?経営者が気になっていることはどこなのか?記事全体で人気のキーワードは「タグ」を、注目記事は「ランキング」をご覧いただくとして、システム運用の現実を知る重要なキーワードを5つピックアップしました。
休みの間に(ただしサポート担当者を除く)、システム運用に関する概要を俯瞰することで、2020年に向けたヒントになるかもしれません。そろそろシステム運用を任されそうな方も、こっそり今のうちにおさらいを!

1.アウトソーシング

自分の「本業」は、一体、何だろう?ITシステム運用という仕事は、自分が所属する業種や職種から見て、どの程度ウエイトを占めていますか?ノウハウはアップデートできていますか?苦労しなくても、頼れるプロフェッショナルに任せた方が、楽だし安心かもしれません。採用に関わるコストや人件費で、アウトソーシングを検討するのも手です。

システム運用をアウトソース!?コストや効率化だけじゃない真価とは?
https://un4navi.com/efficiency/19047/

高度で複雑なITシステムの運用をプロに任せて、自社の貴重なリソースを本業に集中!コストや効率化に止まらない真のメリットも。

システム運用のコスト削減(1)- コストが掛かる理由はコレ
https://un4navi.com/efficiency/19020/

売上げにならず、コストが掛かるだけだと誤解されがちなシステム運用。コストの最適化ポイントを正しく把握しておきましょう。

システム運用をアウトソーシングする?しない?チェックはココだ!
https://un4navi.com/prologue/19073/

業務や人材など、自社の現状を洗い出して分析するのが、アウトソーシング成功のカギ。目的や目標をはっきり定めましょう。

2.クラウドサービス

ITシステムを自社で抱え込まなくても、クラウドサービスのおかげでいろいろなサービスが、カンタンに、しかもすぐに使えます。ハードウェアを気にせずリモートで管理できるので、人手不足の強い味方。しかし、機能が増えたり変わったり、十分に使いこなしながらの管理や運用は結構大変です。優秀なエンジニアは、さてどうやってハンドリングするか?

管理が面倒なマルチクラウドを、まとめてシステム運用するには?
https://un4navi.com/efficiency/19050/

特長を活かして複数のクラウドサービスを導入すると、システム運用も煩雑に。限られたエンジニアでも、効率的に使える統合型サービスとは?

マルチクラウド時代のSaas、PaaS、IaaSを改めて復習しよう
https://un4navi.com/prologue/19004/

ソフトウェア/プラットフォーム/インフラとして機能する各種のクラウドサービス。特徴や機能を活かす、システム運用のポイントとは?

Azure/GCP/AWSの各クラウドとニーズ:現場のプロに聞いてみた(3)
https://un4navi.com/interview/19065/

人気のクラウドサービスを、影で支えるプロたちがいます。日々の苦労や仕事に取り組む意識など、現場の話をあれこれ語ってもらいました。

 

3.システム運用設計

『後はすべて運用でカバー』にならないためには、システム運用にも設計が非常に重要です。システム開発設計の段階で、システム運用のことまで考えたDevOpsという思想は、中小の組織でも有効。運用エンジニアも、実は開発側にある程度コミットしておくことで、システム運用の負担が減るだけでなく、多面的な視野がキャリアにとってもプラスに働きます。

システム運用だって設計が必須!設計の視点が運用担当者を救う!
https://un4navi.com/prologue/19039/

システムの定義や確認が必要な項目をすべて洗い出し、プロセスを整備しておけば、システム運用全体の手間を減らすことで、最適化できます。

開発と運用が相互協力するDevOps、運用も開発現場に積極参加!
https://un4navi.com/efficiency/19018/

システム開発と運用の距離を近づけ、全体のパフォーマンスを上げるDevOps。単なる理想ではなく、効率的なシステム運用に不可欠です。

人がいない!サーバは増えて複雑だ!だったらシステム運用を自動化!
https://un4navi.com/automation/19002/

24時間365日、休日もアラート対応したり、Excelに転記してメール。そんな非効率なやり方は改善しませんか?ビジネスで生き残る秘策とは?
こたつで温まりながら振り返る:キーワードで振り返るシステム運用の現状とは?4.ひとり情シス

人は増えないし、増えても他の業務を掛け持ちしていて、忙しすぎて十分に手が回らない。実は、なぜ動いているのかよくわからないシステムがあって、薄々ヤバいっとわかっている。将来、AIに仕事を奪われてしまうことを心配するより、今、目の前にある仕事を少しでも減らしたい!…じゃあ結局、どうしたらいいのか?

手作業でもシステム運用ぐらいできる!その認識ミスとリスクとは?
https://un4navi.com/automation/19009/

システムが複雑化し、人材も不足する時代に、未だに手作業のシステム運用で、ストレスを溜めていませんか?体制を見直すなら、今がチャンス!

ロボットを運用現場の味方につけよう!RPAで自動化を検討する理由
https://un4navi.com/automation/19014/

ITシステムの定型業務をロボットで自動化できるRPA。正しく導入・管理すれば、ひとり情シスのエンジニアにとって、強力な武器の一つです。

過酷に思われがちな「ひとり情シス」による運用は、本当に不幸なのか?
https://un4navi.com/efficiency/19013/

人材不足や働き方の変化、他の業務との兼務が不可欠な、ひとり情シスを取り巻く厳しい条件。しかし、業務を楽にできるサービスを導入したら?

5.ITIL

サービスの運用や管理の事例集であるITIL(アイティル)。システム運用を統合的に理解するには不可欠なノウハウなので、新しい年のスタートに全体のおさらいもオススメ。ちなみに、ITILと直接は関係しませんが、毎年春と秋に開催されるIT資格試験の一部は、年明けすぐから受け付けが始まるので、チャレンジしてみるのもアリ。

サービス運用や管理の事例集 ITILについて知ろう:ITILの基本(1)
https://un4navi.com/management/19007/

組織の規模に関係なく、サービスの現場で使われる優れたフレームワーク。ITシステム運用の現場こそ、積極的に導入してみましょう!

障害ではないインシデントとは!?インシデント管理:ITILの基本(4)
https://un4navi.com/prologue/19010/

インシデントと障害の違いとは?用語の確認は業務の基本。両者の違いを正確に把握し、適切に切り分けて、スムーズに処理しましょう。

サービスデスクはヒントに溢れる顧客接点の最前線!:ITILの基本(8)
https://un4navi.com/prologue/19006/

ユーザと直接やり取りするサービスデスク(ヘルプデスク)は、システム運用と改善のヒントが満載。開発へのフィードバックにも重要です。

2020年も続くシステム運用の旅

さて、2019年の「運用ナビ」の記事は、これが最後の配信です。
このサイトが、ひとり情シスで大変なエンジニアや、人材育成が課題のマネージャ、人手不足で悩む経営者の皆さんなどに、少しでもお役に立てたなら本当に嬉しい限りです。ご愛読、本当にありがとうございました。
2020年もシステム運用の旅はまだまだ続いていきます。年明けは早速、アウトソーシングをテーマにした、こたつのように適度にホットな記事をお届けする予定です。
今後とも「運用ナビ」をどうぞよろしくお願いいたします。皆さん、どうぞよいお年をお迎えください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. マルチクラウド時代のSaas、PaaS、IaaSを改めて復習しよう

    システム運用でも、もはや抜きでは語れないのがクラウドサービス。ひとまとめに「クラウド」といっても、大…
  2. ナレッジマネジメントはこうすれば必ず「失敗できる」!4つのポイント

    ナレッジマネジメントはこうすれば必ず「失敗できる」!4つのポイント

    ナレッジマネジメントとは、個々人が得た経験や知識を他者と共有する仕組みです。ITシステムに限った話で…
  3. RPAに絶望した人へのソリューション提案:(株)コムスクエア様インタビュー

    RPAに絶望した人へのソリューション提案:(株)コムスクエア様インタビュー

    左からIIJの福原と五十島(いがしま)、(株)コムスクエアの田嶋さんと露木さん 株式会社コムスクエ…
  4. SREって大規模な組織の話?開発と運用をチームにするメリットとは?

    システム運用に関する話題の中でもたびたび目にする機会が増えてきた「SRE」。これは、「サイトリライア…
  5. システム運用も、DXとアウトソースが待ったなし!:現場のプロに聞いてみた(10)

    イレギュラーが起きてもシステムを止めない!サポートの覚悟:現場のプロに聞いてみた(9)

    あけましておめでとうございます。 本年も「運用ナビ」をどうぞよろしくお願いいたします。この一年が、…
ページ上部へ戻る